スペシャルな恋もベタにオンリー

2018年2月26日

爆走おとな小学生『スペシャルな恋もベタにオンリー』

全10公演終了致しました。

ご来場いただいた皆様、応援していただいた皆様、本当にありがとうございました!

お手紙やプレゼントもたくさん頂き本当に幸せに思います。

スペ恋。

最初に台本を読んで想像していた作品とは180度違う世界観。

破茶滅茶で楽しい要素をたくさん盛り込みながらも軸としての純愛ストーリーをしっかり描いていく光大さんの演出。

まさかこんなミュージカル超大作になるとは思いもしませんでした。笑

初めてのおと小、初めての主演、初めての世界観。

色々と初めて尽くしで稽古中悩んだりもありましたが、初日公演で皆様の笑顔や笑い声を聞けて心から嬉しかったです。

小劇場の狭い空間の中で演者とお客様の距離が近い中、お客様の反応をダイレクトに感じ、それをパワーに変えて日々公演に臨んでいました。

演じていてなにより楽しかったです。

日替わりゲストがいたこともこの作品の大きな特徴。

image

酒井萌衣さん

れいちゃんの姉として安定感のある大人な雰囲気でシーンを忠実に形付けていく方でした。

image

釣本南さん

奇想天外な発想で人並みをはるかに超えたアドリブを盛り込んでシーンを盛り上げて頂きました。

image

芹沢尚哉さん

台本をしっかりと汲み取りながらも遊び心にも溢れているとてもバランスのとれた方でした。

お三方がそれぞれタイプの違う役者さんだったからこそ毎公演がとても刺激的なものでした。

少ない稽古の中作品を盛り上げて素敵なシーンを作っていただいたゲストの方々には本当に感謝です。

imageimage

ヒロイン 徳山れい役 石原美沙紀さん

昨年一度共演したもののあまり接する機会もなかったので今回再び共演できたことが素直に嬉しかったです。

彼女の持つ独特な柔らかい空気感がとても好きでした。

一見大人っぽく見えながら子どもらしさも十分に兼ね添えている彼女にしか出来ない素敵なれいちゃんです。

image

イケメン俳優 島崎隼人役 氏家蓮

今作で初めましてとは思えないほど仲が深まった人。

時間が他の人より穏やかに流れているような印象を受ける柔和な素の姿とはかけ離れた役柄を真面目に追求し続けた男。

なんかもう、大好き。その言葉だけでいい気がする。

image

演出・達也役 加藤光大さん

めちゃくちゃ適当に見えて大真面目に全体を見てくださる方。

僕が相談したいと連絡したら1時間真面目に長電話をして下さったこともありました。笑

役者としても本当にたくさん支えて頂きました。

キャストもスタッフさんも和気藹々と皆で作品盛り上げるべく公演を楽しんでいたことがこの座組の良さだと思います。

主演として座長らしいことは何一つできていなかった中、みんなが支えてくださり、みんなで前に進めた約2週間は素敵なものでした。

今日からそれぞれがそれぞれの道をスタートさせていきます。

一期一会を大切にここでの出会いに感謝をしてそれぞれの歩む道を僕は応援していきたいですし、皆様も応援していただけると嬉しいです。

そして、スペ恋にご来場いただいた皆様、改めまして本当にありがとうございました!

皆様との一期一会も僕の役者人生の中での財産です。

舞台は生もの、今目の前に起こることはその瞬間しか体験できない掛け替えのないもの。

その中で笑ったり感動したり皆様の心に何かを届けられる仕事をできていることを誇りに思い幸せに思います。

全10公演の中で僕が体験したことをしっかりと今後の役者人生に繋げていきます。

今回は本当に出会いに感謝。

キャスト・スタッフさん、そしてお客様。

それが全てです。

本当にありがとうございました!

imageimageimageimageimageimage

夢色キャスト 千秋楽

2018年2月12日

ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』

たくさんの応援ありがとうございました!

お手紙やプレゼントも本当に嬉しいです。

皆様からたくさんのお力を頂いていました。

ありがとうございます。

今作ではアンサンブルとしてダンスが大半でしたが、表現者として今できる最大限の表現を出来たと思います。

今回初挑戦のジャズダンス。

全くと言っていいほど何もできなかったジャズダンス。

以前ブログで言っていた新しいこととはこのことです。

約2ヶ月掛けて基礎からみっちりと作り上げてきました。

最初は本当に苦戦していて、本番に間に合うのかという不安を常に感じながら稽古に行っていました。

いや、最初だけじゃないな、本番開ける直前までずっと出来ないステップがあったりギリギリまで自分と闘っていました。笑

それでも周りを見ればいつもキャストの仲間やスタッフの皆さんが居て支えてくださいました。

みんなでみんなを支え合う夢色カンパニーの姿がそのままこの座組にもあったように感じます。

とはいえ、初日公演は本当に緊張しました。

脚本家の皆様がどう感じられるか。

不安と緊張でスタンバイ。

だからこそ、幕が開いた瞬間のどよめきは忘れられません。

初日公演はとにかく最高に楽しかったです。

全8公演の夢色の時間、本当に幸せでした。

CALL HEAVEN!!の歌詞にあるように、脚本家の皆様も『特別な夢の中を旅して幸せに』なって頂けていたら嬉しいです。

僕はたくさんの笑顔に包まれたこの素晴らしい夢の旅を忘れることはないと思います。

千秋楽ではニコニコ生配信もありました。

劇場に足を運んで頂いた方もそうでない方も、ニコ生で観て頂いた方も、たくさんの脚本家の皆様に応援して頂き、本当にありがとうございました!

これからの夢色カンパニーに期待を寄せて、、。

また夢色の世界でお会いできる日を信じて、、、。

平井浩基

image

image